読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親の介護はどのぐらいの費用がかかる?

親の介護保険

親の介護の費用に関しては、

正確に予想することはできないので、

 

多めに見積もっておいた方が良いです。

 


介護サービスを利用したいと思っても、

自己負担額を支払うことができずに、

 

思った通りのプランを組むことができないと

 

悩んでいるケアマネージャーも多いです。

 

 

ざっくりとした計算になりますが、

介護度2程度の状態で週に2回デイサービスを利用し、

 

その他の日は短時間の訪問介護を利用した場合、

 

月額1万5000円前後は負担することになります。

 


介護度3まで上がると、

 

電動ベッドをレンタルしたり様々な福祉用具の値段も増えてきますので、

支給限度額を超えてしまい、

トータルで3万円から4万円の自己負担が発生するということもあります。

 

 

その他に医療費がかかるので、

厚生労働省の発表によると、

1ヶ月平均5万7000円程度の出費を覚悟しておかなければならないのです。

f:id:wanshisshin:20170202112713j:plain


別の調査では約7万円という結果も出ていますので、

かなりの金額が必要になります。

 


親の年金額によっても異なりますが、

自宅介護していたとしてもこれぐらいの金額は必要になるので、

子供たちが負担しなければいけない場合もあります。

 

 

その他、老人ホームに預けることになれば

月額利用料が15万円前後かかりますので、

介護の費用は大きく高騰します。

 


入居するときに支払う一時金も200万円前後かかる場合が多いので、

かなりの貯蓄をしておく必要があります。

 


介護者とその家族の間で大きなトラブルの原因となるのが経済的な問題ですから、

親が元気なうちから準備しておくことが必要です。

 

 

自分が介護を主に担当していて

兄弟たちは全然サポートしてくれないという場合は、

領収書を見せるなどしてどれくらいの費用がかかっているか

 

話し合ってみる必要があります。

 


介護保険に自己負担が含まれているということを知らない家族もいるので、

 

一度真剣に費用についての話をしておくことで、

経済的に1人の子供だけに負担がかかるということを避けられます。

広告