読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親を老人ホームに入れる時に準備したいこと

親の介護ができない

親を老人ホームに入れるときには、

契約のための書類を準備したり、

 

お金の準備に時間がかかる場合が多いです。

 


老人ホームから指定された書類を用意しなければならないので、

あらかじめこちらから質問をして早めに取りかかることができます。

 

 

老人ホームの生活で必要なものも準備しておく必要があります。

 


ホームには相談員がいますので、

 

どんな細かいことでも質問して早めに準備しましょう。

 

 

その他に、身元保証人が求められますので、

家族の中で誰が身元保証人になるかということを

話し合っておかなければなりません。

 


残念ながら、この部分で家族内でもめてしまい、

準備が遅れるということも多々あります。

 


兄弟が多い場合は、

老人ホームの利用を検討した段階からそれらの点について話し合っておかないと、

入所寸前になってごたついてしまう場合があります。

 

f:id:wanshisshin:20170131082726j:plain

 

さらに、家族内で役割分担をしっかり決めておく必要がありますし、

 

様々な緊急な事態を想定して、

誰が対応するのかという話し合いをしておきましょう。

 


入院等が原因で思ったよりもお金が必要になる場合もありますし、

家族の誰かが本人の代わりに

 

支払いをしなければならないという場合も想定できます。

 


健康状態が急変した場合に誰が対応するのか

ということも考えておかなければなりません。

 

 

書類やお金に関する準備はどの家庭でも順調に進みますが、

役割分担という意味での準備がなかなか難しい場合が多いです。

 


現実には1人の子供に大きな負担がかかってしまう

 

ということがよくありますが、

 

そのような事態を避けるためには、

 

前もって話し合っておくことが非常に重要です。

 


家族であっても話し合った内容を書面にしておくと、

万が一もめてしまった時に解決しやすくなります。

 

 

老人ホームに入所が決まると、

介護から解放されたという気持ちになりますが、

 

不測の事態はいつでも起きるということは覚えておきましょう。

 

家族の和が乱れないためにも、

 

いろいろな状況を想定して準備しておくということが非常に大切です。

 

 

広告