読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケアマネージャーや行政に介護相談できない時は?

ケアマネージャーや行政に介護問題を相談できない場合、

民間の団体に相談することができます。

 


閉鎖的な地域の場合、

地元の人たちに相談すると噂が広まってしまうために

躊躇する場合も多いことでしょう。

 


そのような人のためにインターネットで

介護の相談ができるサイトがありますので、

介護相談サイトを利用して問題を解決していくことができるでしょう。

 

 

介護専門のサイトでなかったとしても、

知恵袋のように質問を自由に投稿できるところもありますので、

身元が特定されないように工夫しながら相談することもできます。

 


インターネットなので、

心無い回答も来てしまう可能性がありますが、

前もって心の準備をしておけばそこまで傷つくことはないでしょう。

 


インターネット上で相談をする時には文字になりますので、

こちらの状況が相手に伝わるように、

なるべく詳しく状況を説明する必要があります。

 


そうすることによって的確なアドバイスを受けることができるでしょう。

 

その他にも、信頼できる友人や介護を経験した人に打ち明けることも重要です。

 


ケアマネージャーや行政は仕事として対応しているので、

時には冷たく感じることもあるでしょう。

 


沢山の案件を抱えているので、

なかなか親身になって接してくれるという担当者は少ないです。

 

f:id:wanshisshin:20170130151041j:plain


実際に親の介護をした人で

理解を示してくれるタイプの友達がいるのであれば、

自分の気持ちを恥ずかしがらずに話してみるとすごく気が楽になります。

 


気持ちを溜め込んでいると大きなストレスとなって爆発してしまうので、

こまめに吐き出していくことは非常に大切です。

 

 

ケアマネージャーや行政に相談できれば一番良いですが、

なかなか相談できないという事情もあります。

 


そのような時に八方塞がりになるのではなく、

民間でも相談できる団体や友人がいるという事を思い出しましょう。

 


インターネットを活用すれば、

外出するのが困難な状況だったとしても、

匿名で相談できるのでケアマネージャーや

 

行政よりも役に立つアドバイスがもらえる場合もあります。

 

広告