親が介護うつになってしまった。。どうしたらいい?

親が介護うつになってしまった場合は、

 

強制的にでも休ませてあげましょう。

 


介護保険をまだ使用していないのであればすぐに申請し、

 

窓口となるケアマネージャーや役所の係りの人に

事情を話すことによって特別に急いでもらえる可能性もあります。

 

 

介護うつになる人は責任感が強い人が多いので、

 

自分が世話をしなければいけないという気持ちと、

体が動かないという悩みの板挟みになってしまっているでしょう。

 


まずはゆっくりと寝る時間を作ってあげるのが重要ですから、

 

可能であれば一時的に介護を交代してあげ、

 

睡眠時間の確保から始めましょう。

 


可能であれば泊まってあげて、

 

介護うつになってしまった親御さんを

 

別の部屋で寝させてあげることが大切です。

 

 

夜中に何度も起こされるような状態が続いていると、

 

メンタルが強かった親でも介護うつになってしまう可能性が高いです。

 


まずは睡眠時間の確保をするために

ショートステイの手続きから始めましょう。

 

一時的に施設に入所してもらい、

その間に今後の話を進めることができます。

 


一度介護うつになってしまうとすぐに回復するのは難しいですから、

しばらくは老人ホームを探すという方向で話を進めましょう。

 


介護うつになるほど一生懸命世話をしてきた親御さんですから、

 

最初は老人ホームに入れるという案に反対することが予想されます。

 

 

元気になったら家に呼び戻すことができるという

選択肢を残すために

 

初期費用のかからない有料老人ホームを選択するのも良いです。

 


入居金をたくさん請求する老人ホームと、

設定していない老人ホームがありますので、

設定していない老人ホームを選びましょう。

 

f:id:wanshisshin:20170125091740j:plain

 

介護うつは深刻な問題なので、

 

大きな事件にならないうちに行動しましょう。

 


とにかく今までの苦労をねぎらいながら、

 

絶対に介護うつになってしまったことを責めないというのも重要です。


みんな頑張っているんだから

 

弱音を吐いてはいけないとか、

 

心が弱いのではないかという意見は非常に危険です。

 


絶対にそのような言葉を口にしないで、

 

ひとまず休もうねと優しく語りかけながら、

 

ショートステイや老人ホーム利用の手続きを急ぎましょう。

広告