ダブルケアとは?介護の現実

ダブルケアとは、広い意味で家族・親族間のケア関係と、

そこに生じる複合的な問題・課題の事。

 

 

狭い意味・・・特に少子高齢化の昨今でのダブルケアの意味としては、

簡単にいうと「育児と介護の同時進行」

または「孫の面倒と介護の同時進行」

のことで、老齢人口比率の上昇で、

 

このダブルケアに頭を抱える子育て世代は

確実に増加傾向にあると言われています。

 

 

そもそも、このダブルケアは昔からありました。

 

結婚イコール主人の親と同居という、

いわばしきたりだった時代なら、

ダブルケアは当たり前だったのでしょう。

 

 

ですがなぜ現代でこの問題に、

子が自立する前の親世代が悩まされていくだろうとされているかというと、

まずは核家族化が主流だからではないしょうか。

 

 

実の親・義理の親の家が近ければ互いに行き来もしやすく、

もしも誰かに見守りが必要になったとしても、

すぐに駆け付けることができます。


まず遠いとこれができない。

 

 

さらに、医療が進み、高齢所の平均寿命は年々長くなってきており、

介護をする期間が昔より長くなっていることも事実です。

 

f:id:wanshisshin:20161229202702j:plain

総じて、子育て世帯や孫育て世帯が親の介護をするという事は、

相当な努力と体力と忍耐力が必要となっていくのではないか。

 

ということがこのダブルケアの考え方の根底にあるように思います。

 

 


子育て世帯をクローズアップしてみると、

とくにお母さんのほうに「子育ては1人でしてきた」

という方は核家族化の背景に大変多く、

 

うちの子は成績が伸び悩んでいるけどこの先大丈夫だろうかとか、

お友達関係はうまくいっているんだろうかと心配事が多いのも現状です。

 

 

また、結婚したら家庭に入るものといった考えはもはや化石で、

女性の社会進出により働くママが増えていっています。

 

 

子供の事・仕事の事・家計の事・・・と、

常に何かに追われているお母さんにとって、

 

介護は育児よりも大変なことなのではないでしょうか。

 

 

また介護は終わりが見えずやりがいも見いだせないことが多いもの。

 

このダブルケアの問題は、今後さらに増えていくことと思われます。

広告