介護をしてもしなくても遺産相続に変わりはないの?

基本的に介護は親族の義務とされているので、

 

遺言がなければ介護をしてもしなくても

 

遺産相続に変わりはありません。

 


通常レベルの介護であれば、

 

子供たちで平等に分配するように法律は定めています。

 

 

しかし、特別な介護をしたり、

 

老人ホームの代金など介護に関係する費用を出したにもかかわらず、

介護全くしていない兄弟と

 

相続額が同じというのも納得がいかない話になります。

 


そこで、法律では介護のために特別な働きをした人に、

 

寄与分を認めるという措置がとられます。

 

 

寄与分とは、介護のために特別な費用を捻出したり、

 

一日中付きっきりになっていなければならない介護のために

 

外で働けなくなったなど、特別な事情の時に認められます。

 


寄与分が認められると、

 

寄与分を相続額から引いた額を分配することになります。

 


例えば、3人兄弟で相続額が3000万の場合、

 

寄与分が600万円認められたとしたら、

 

2400万を3人で分け、800万円ずつとなります。

 


そこに寄与分が加算されるので、

 

800万円+600万円で1400万円の相続ができます。

 

 

ただし、寄与分が認められるかどうかというのは、難しい問題です。

 


様々な判例を基にある程度予想を立てることができますが、

 

実際にどれくらいの額が寄与分として認められるか、

 

専門家に相談するのが賢明な選択です。

f:id:wanshisshin:20170120205120j:plain

 

話を進めやすくするためには、

 

普段からこまめに記録をとったり書類を整理しておくことが大切です。

 


介護した親の介護度や診断書、

 

ヘルパーの利用歴など様々なデータがあった方が良いです。

 


また、例えば介護のために仕事を休んだ日があるなら、

 

その日付やその分による減収額を記録しておくべきです。

 


費用を払ったならその領収証を整理して保管しておきましょう。

 

 

寄与分を主張したいのであれば、

 

それなりの用意をして専門家と相談しておくことが大切です。

 

 

 

兄弟と揉めてしまうこともありえますので、

 

介護に関する貢献度で相続額を変化させて欲しいのであれば、

 

あらかじめ親にその旨を含めた遺言を作成してもらうこともできます。

 

 

お金のために介護をするわけではないのですが、

 

特別な介護を子の1人だけがした場合、

 

相続額が同じということに疑問を持つのは当然のことです。

介護のせいで結婚できない

■介護のせいで結婚できない

 

私は、39歳会社員です。

 

現在、同居している若年性アルツハイマー認知症を患った

母の介護をしています。

 

 

母の様子が、なんだかおかしい・・・と思ったのは約5年前。

 

母が59歳の時です。

 

まずは、父の誕生日を忘れました。

 

はじめは「もう、うっかりして~」と笑っていたのですが、

そのうち家に光熱費の請求書が届くようになりました。

 

今度は引き落とし日を忘れていたのです。

 

次にレシピ通り夕飯を作れなくなりました。

 

キッチンで、あれがないこれがないと右往左往している様子を見て私が「もう、お母さん本当にしっかりしてよ」と、

 

少し強めに言うと「もう!わかってる!!うるさいわね」と

 

聞いたこともないような口調で声を荒立てたため、

何だか本当におかしいんじゃないかという、違和感がありました。

 

 

違和感は的中し、なだめすかしてやっと撮った母の脳のMRIには、

アルツハイマー認知症の病変が写っていたのです。

 

まず最初に心配したのは、

私の仕事をどうしていくかという事。

 

うちの父はすでに他界しており、叔母は海外。叔父は他県に単身赴任。

 

介護できるのは私だけなのです。

 

ほどなく母に介護認定がおり、

介護サービスを利用できるようになりました。

 

朝8時~夕方5時まで母は週3回デイサービスに行くことに。

 

間の、私が居ない曜日はヘルパーさんに来てもらい、

日中の安否確認を兼ねて配食サービスも利用しました。

 

そんな充実した介護サービスのおかげで、

何とか仕事を辞めずに済みました。

 

2年後、結婚を意識してお付き合いしていた彼から

誕生日にプロポーズを受けました。

 

とてもうれしかったのですが、

正直、母の事を思うと素直に喜ぶことができませんでした。

 

f:id:wanshisshin:20170112152549j:plain


意を決して彼にいまの母の状況を話すと、

「お母さんがそんな状態じゃ、結婚なんてそちらの親族に申し訳ないね」

とすんなり婚約を取り消されてしまいました。

 

とてもショックでしたが、母は何も悪くありません。

 

悪いことは後からあとから続き、

デイサービスの無い日、母は家を勝手に出て、

帰れなくなるという事が多くなりました。

 

 

デイサービスでも会話がほかの利用者と弾まず

気落ちしていることが多くなり、うつのような症状が出て、

だんだん無気力になっていき、

歩行にふらつきがみられるようになりました。


食事も、促さないと食べません。

 

母は日中1人で居させることが困難になりましたが

デイサービスを終日利用となると、とても点数が足りません。

 

 

私はやむなく会社を辞め、現在は貯金を崩しながら、

母を介護しながらでもできるパートを探しています。

 

介護で婚期も職も失い、悲しい気持ちですが、

母を支える肉親は、私しかいないんだという気持ちで、

何とか頑張っています。

介護に疲れた時のリフレッシュ方法

■介護に疲れた時のリフレッシュ

介護に疲れたと思うとき、それは私の場合、

「自分が社会から切り離されている」と思った時です。

 

 

私が父を介護し始めて、もう5年になります。

 

くも膜下出血で右半身まひとなった父はうつ病を併発し、

杖歩行はできているのに、家から一歩も出なくなってしまいました。

 

 

退院当初はリハビリを兼ねてデイサービスに通っていて、

介護士さんとのやり取りに笑顔もあったようなのですが、

 

いくら頑張っても思ったような効果がリハビリで得られず、

プライドの高い父はむきになって血圧が高いのに、

 

いつもどおりのトレーニングをし

トレーニング中にまた倒れたのです。

 

 

今度は単に高血圧からくる発作的なめまいだったのですが本当に恥ずかしく、

自尊心が著しく傷つけられたようで、

次第にデイサービスにも行かなくなってしまいました。

 

f:id:wanshisshin:20170112152020j:plain

このままでは歩けなくなってしまうと心配になり、

 

ほかのデイサービスやパワーリハビリの体験をさせてはみたのですが、

 

結局どのデイサービスにも進んで行くとは言わず、

めんどくさそうにベッドでテレビを眺める毎日が続いていました。

 

父はもと大工で大きな体をしており、入浴させるのも一苦労。

 

ヘルパーさんと私の2人でふうふう言いながら風呂に入れます。

 

浴槽につかったはいいものの、右足は上がらないので介助するのですが、

これが本当に重い。

 

ベッドから起こすのも一部介助とはいえ腰への負担は多大で、トイレ・着替え、、、さまざまなシーンでの腰への負担が原因で、今私が整形に通う始末。

 

このままではいけないと、

思い立って申し込んだのが「ショートステイ」でした。

 

近所の小規模多機能サービス事業の一環で、

必要に応じて父をお泊りさせてくれるサービスです。

 

これなら、父は特にトレーニングを頑張らなくては

という気持ちを持たなくてもいいし、

 

私も自分の時間が持ててリフレッシュできます。

 

いままで父の介護で、友達とのお喋りどころか

同窓会にも行けませんでした。

 

父がデイにも行かなくなって病院以外の人とのつながりが無くなり、

社会からポイと放り出されたような気持にもなっていて、

父を面倒だともうこともたくさんあったのです。

 

そんなときにこのサービスをケアマネージャーさんから紹介してもらって、

本当に良かったと思います。

 

また、新たな気持ちで介護しようという意欲がわいてきました。

 

つくづく、自分をいたわることは、

父をいたわることに直結するんだなあと感じています。

介護はまるで地獄のようだ

私は、56歳の専業主婦です。


母を介護して、かれこれ3年になります。

 

最初に母を介護するきっかけとなったのは、

警察からの電話でした。

「おかあさんを署でお預かりしています。」

 

と、何が何だかわからないまま

母の家からは2駅もある警察署へ行き事情を聴くと
道に迷って保護されたのだと警察の方から説明されました。

 

どうやら母の荷物の中に手帳が入っており、

そこから私につながったのでしょう。

 

 

母はとてもしっかりした、自慢の母親でした。

 

 

近所でも有名な美人で、愛想もよく、

手先が器用で町内でも顔が広かったため、

自宅で着付けや和裁の先生もやっていました。

 

 

私が警察に迎えに行った時の母の姿は、

髪はボサボサ、服はパジャマに古いジャケット、

素足に靴、、、。昔の面影が微塵もありませんでした。

 

 

かろうじて私の事はわかっているようですが、

ここがどこなのか、なぜのこんなところにいるにかわからないようすでした。

 

 

つい数か月前まではこんな風ではなかったのに。

 

 

とにかく様子がおかしいと病院で診てもらったところ、

病名は「アルツハイマー認知症」でした。

 

脳のCMRIを見せてもらったところ、

母の脳はスポンジのようにスカスカです。

 


愕然としました。

 

母は1人暮らし。

 

 

うちはもう子供が手を離れたとはいえ、母の家からは車で30分はかかります。

でもこのままの状態で母をほっては置けない。

 

f:id:wanshisshin:20170110182119j:plain

 

どうしたらいいのだろうと思って、

他県に住む兄に相談しました。

 

 

ですが「ちょっと面倒だな。施設にいれたらどうだ」

 

と冷たい返事が返ってきました。

 

 

思い切って主人に相談したところ、

 

「お義母さんには息子2人を見てもらった御恩もあるし、

和室を片付けて一緒に住んでもらってはどうかな」と、言ってくれたのです。


ですが、ここからが悲劇の始まりでした。

 

 

自宅から、ある程度の荷物を引き払ってうちに来たまでは良かったのですが、

何度説明しても数時間すると「帰らせてください。帰らせてください」

と連呼するのです。

 

 

何回か家の玄関口で「私はここに住む人につかまっています!助けて!殺される!」

と、夜中に大声で叫んで回ったこともあり、通報されてしまいました。

 

 

そんなことがあってから近所付き合いも疎遠となり、

社会から切り離されたような気持になりました。

 

 

また、着替えに強く拒否があり、

入浴や朝の着替えの度に喧嘩になり、私の髪や服をつかみ、

「お前なんか!」と物が飛んできました。

 


主人は、母が起きている間は自室にこもり、

出てきて手伝う気配すらありません。

 

 

アルツハイマー認知症には今のところ特効薬が無いと聞きます。

 

 

母の暴言や暴力は、いまだ健在。

 

一体いつまでこんな状態が続くのか。

相談するあてもありません。

 

 

私が先に倒れてしまいそうです。

 

介護事件はどうして起こる?

人が人を介護する。

 


この上で必ず生じるのが、介護者と被介護者間に生じる、

「気持ちのすれ違い」ではないでしょうか。

 

 

毎日のように新聞やニュースで取り上げられている、

介護がテーマの事件。

 

 

主に施設内での虐待や殺人がクローズアップされがちですが、

在宅にて家族がお世話をしている、

いわゆる家族介護の家庭内での事件も、多発しているようです。

 

 

老老介護、介護疲れから放置して死なせる。とか

 

息子が父親を介護。父を絞殺。「自分も死のうと思った」とか

 

「死にたい」と漏らす60歳の寝たきりの妻の首を絞め・・・

 

など、どう考えても他者からは想像もできないような精神状態まで、

介護者が追い詰められてしまっている。

 

f:id:wanshisshin:20170110180358j:plain

これに関しては、それぞれ家庭の環境や境遇が折り重なって、

かなり複雑に入り組んではいますが、

やはり両者間に「知識ある他者からの助言や手助け」

が必要だったという事だけは確かではないでしょうか。

 

 

もしくは、家で1人で、介護を要する肉親を、

ひたすら介護する。たった1人で。

 


子が親を。または子が親を介護する。

 

 

これが「当たり前だ。他人にさせるのは恥ずかしいことだ」

という風潮自体にも問題があるのかもしれません。

 

 

介護する側は、意識的に自分を客観視するという事を忘れがちです。

 


介護に夢中になり、介護に翻弄される。

 

 

でも介護する側が、生活すべてを介護に支配されたら・・・

 

どんな精神状態になるかは介護未経験者でも想像がつくでしょう。

 

 

自分が介護する側になったら、まずは相談相手を見つけることが最優先です。

 

孤独は介護をつまらないものにしてしまいます。

 

 

実際には、「えがおの窓口」や役所の介護相談窓口から、

介護者の会や相談会を紹介してもらってもいいでしょう。

 

 

あとは実際に介護認定をしてもらい、介護サービスを利用する。

 

 

そうすると介護者と被介護者との間に「気持ちのすれ違い」が生じ、

トラブルが起こる危険性も少なくなるのではないでしょうか。

 

 

介護は本来、うまく付き合えば楽しめるものでもあります。

 

 

知識ある他者の意見や労力もうまく使って、

自分を大切にしながら介護をしても、いいのではないでしょうか。

一人きりの親の介護。しんどい。。

最近、よく母が口にすることがあります。

 

「ごめんね。ほんとにごめん。」と。

 

 

母を介護するようになったのは4年前。

 

私が仕事から帰宅すると、母が台所で倒れていたのです。

 

原因は脳梗塞

 

 

母は認知障害と左半身麻痺の後遺症に悩まされることとなりました。

 

 

私には仕事があったため、

医師の意見書から介護認定を受け、

 

介護サービスを受けられるように仕向けました。

 

母はもともとまじめな性格で、なんでもコツコツこなします。

 

認知障害が残る中、懸命にリハビリを頑張りました。

 

 

病院を出てからもリハビリ中心のデイサービスに通い、

 

月・水・金の週3回はそのデイに行って、

 

火・木は訪問介護のヘルパーさんに来てもらい、

 

土日は私が朝から晩までみていました。

 

 

私が見ている間も、リハビリは頑張りました。

 

 

認知障害からたまに私のこともわからなくなってしまうこともあり、

私も焦りを感じながら不安と闘っていました。

 

 

ですがデイでのリハビリもむなしく自宅で転倒し、

大腿骨骨折で再度入院に。

 

 

ここからまた認知障害がきつくなり、

毎日見舞いに来る私の顔さえも分からなくなっていったのです。

 

 

3か月の入院の末家に帰ったときはトイレの場所も忘れており、

間に合わず失禁しました。

 

 

今まで失敗は1度もなかった母でしたので、ショックでした。

 

f:id:wanshisshin:20170107211555p:plain

 

また同じデイに戻り、訪問介護も再開したのですが、

訪問介護事業所から電話がかかってきました。

 

 

「おかあさんがヘルパーを盗人扱いして家に入れてもらえませんでした。」と。

 

 

その日は急いで帰宅し母に聞いてみると

「確かに来た。盗人3人が何回も来た。」


訪問介護の方は1人と決まっています。

 

その日から夜間声を出して私を呼ぶようになり、私の疲労もピークに。

 


デイでも暴言があり、

ヘルパーさんにも唾を吐きかけるといった問題行動が目立ちはじめたため、

 

これ以上他人に迷惑をかけられないと思いどちらもサービスを中止。

 

 

私は1か月後うつ病と診断され、会社にも退職届を出しました。


こんな精神状態では、仕事を続けていたら私は母を虐待しかねない。

そう思うまでに追い込まれていました。

 

 

母の車いすを押しているとまた母が「ごめん。ごめんな」と繰り返すのです。

 

 

涙が出そうになりました。

孫が介護するということ。

おばあちゃんは94歳。

 

昔は看板娘として店に立ち、

シャキシャキと働いていたのですが、

 

2年ほど前から歩く時にふらつくようになり、

外出が億劫になっていくとともにあるけなくなっていき、

今は家の中でも車いすで生活しています。

 

 

私自身は24歳で、大学を出た後就職にありつけず、

家業の酒屋を手伝いながらおばあちゃんの介護も手伝っています。

 

 

私の両親も店の配達や店番の合間におばあちゃんを見てくれていますが、

手が空いている時間が私のほうが長いので、

 

日中はどうしても私が介護する時間が長くなります。

 

 

毎日、本当に気が抜けません。

 

歩きにくくなってすぐのおばあちゃんは、

まだ意思の疎通ができていたのですが、

だんだんと歩かなくなるにつれ、

 

一方的にしかしゃべってくれなくなりました。

 

 

脳に異常はないのですが老人性の難聴が認められ、

こちらの言葉はあまり聞こえておらず、

 

コミュニケーションを積極的にとろうとしないようです。

 

 

だから「ちょっと」と呼ばれて

身振り手振りだけで指示を出され、

 

用事を済ませても、ありがとうどころか最近は目も合わせてくれません。

 

 

さらにここ数日昼夜問わずトイレが間に合わず

リハビリパンツを汚すことが度々あって、

 

介護が大変になってきています。

 

f:id:wanshisshin:20170107211012j:plain

 

おばあちゃんがしゃべらない分、

家族で頭を寄せ合って考えることもあります。

 

 

「最近食べなくなったね、なんでだろう」とか

 

「夜トイレに連れて行くの大変になったね。

 

ベッドの横に置くタイプのトイレをおいてみようか」

 

「いくらぐらいするんだろうね」とか。

 

 

仕事が忙しい両親が、可愛そうに思えてきます。

 

 

幸い近所に訪問介護事業所があって、

いつでもケアマネージャーさんに相談ができるので、

 

困ったときは母が相談に行っているようですが、

 

まだ介護サービスを利用しようという話まで行っていません。

 

 

父が「世間体が悪い」「家に家族がいてなんで他人の手が必要なんだ」

といって、拒んでいるのです。

 

父なりの、母への親孝行のつもりでいるんでしょうか。

 

ただ私は、このまま先の見えない介護を、

家族だけで本当にやっていけるのかどうか心配です。

広告