読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親の介護はどのぐらいの費用がかかる?

親の介護の費用に関しては、

正確に予想することはできないので、

 

多めに見積もっておいた方が良いです。

 


介護サービスを利用したいと思っても、

自己負担額を支払うことができずに、

 

思った通りのプランを組むことができないと

 

悩んでいるケアマネージャーも多いです。

 

 

ざっくりとした計算になりますが、

介護度2程度の状態で週に2回デイサービスを利用し、

 

その他の日は短時間の訪問介護を利用した場合、

 

月額1万5000円前後は負担することになります。

 


介護度3まで上がると、

 

電動ベッドをレンタルしたり様々な福祉用具の値段も増えてきますので、

支給限度額を超えてしまい、

トータルで3万円から4万円の自己負担が発生するということもあります。

 

 

その他に医療費がかかるので、

厚生労働省の発表によると、

1ヶ月平均5万7000円程度の出費を覚悟しておかなければならないのです。

f:id:wanshisshin:20170202112713j:plain


別の調査では約7万円という結果も出ていますので、

かなりの金額が必要になります。

 


親の年金額によっても異なりますが、

自宅介護していたとしてもこれぐらいの金額は必要になるので、

子供たちが負担しなければいけない場合もあります。

 

 

その他、老人ホームに預けることになれば

月額利用料が15万円前後かかりますので、

介護の費用は大きく高騰します。

 


入居するときに支払う一時金も200万円前後かかる場合が多いので、

かなりの貯蓄をしておく必要があります。

 


介護者とその家族の間で大きなトラブルの原因となるのが経済的な問題ですから、

親が元気なうちから準備しておくことが必要です。

 

 

自分が介護を主に担当していて

兄弟たちは全然サポートしてくれないという場合は、

領収書を見せるなどしてどれくらいの費用がかかっているか

 

話し合ってみる必要があります。

 


介護保険に自己負担が含まれているということを知らない家族もいるので、

 

一度真剣に費用についての話をしておくことで、

経済的に1人の子供だけに負担がかかるということを避けられます。

親の介護保険についてはどこに相談したらいい?

親の介護保険については、

ケアマネージャーが所属している事業所に相談しに行くことで

 

手続きをしてもらえます。

 


役所に直接相談しに行くこともできますし、

 

近くに包括支援センターがあるのであれば、

 

そこでも相談することができます。

 

 

介護保険の手続きは難しいと感じて、

自分で全ての事をしようとしている人がたまにいますが、

 

相談の電話を1本するだけで、

 

担当者が対応してくれますので、遠慮なく連絡を取ってみましょう。

 


かかりつけのお医者さんがいるのであれば、

 

そこで主治医に相談することでケアマネージャーを紹介してもらったり、

適切なアドバイスをもらうこともできます。

 

 

介護保険サービスを利用すれば、

ヘルパー派遣や福祉用具のレンタルなどさまざまなサービスを、

少しの自己負担で受けることができます。

 


デイサービスを利用することによって

自分もリフレッシュしながら介護を続けることができますので、

まずは相談してみましょう。

 

f:id:wanshisshin:20170202112409j:plain

 

相談時にいろいろな質問をされますので、

親がどのような状態なのか簡単に説明できるようにしておきましょう。

 


さらに重要なのは、

 

本人や自分がどのようなサービスを希望しているかという点です。

 


あまり初対面の人に弱みを見せたくないという気持ちもあるかもしれませんが、

 

自分が限界を感じていたり辛いと感じていることは正直に話しましょう。

 

 

介護保険のサービスのプランを組む際には、

 

援助していくために必要な点を見出すことが最初の段階となります。

 


そのためには、介護している人や介護されている人が

どのような問題を抱えているかということを抽出する作業が必要です。

 

 

その作業のためにある程度プライバシーに関係する事柄も聞かれますが、

信頼して答えましょう。

 


担当してくれるケアマネージャーや調査員は

 

守秘義務をしっかりと守りますので、

 

個人情報が悪用されるという心配は全くありません。

 

 

インターネットが使用できるなら

すぐに検索して相談窓口を見つけることも可能です。

 


地域名+介護保険 というキーワードで検索すれば

必ずといっていいほど相談窓口を見つけることができます。

毒親の介護なんてまっぴらごめん!

育ててもらっている時にひどい扱いを受けていると、

 

親の介護などしたくないと感じてしまいます。

 


実際にそのような気持ちと闘っている人がたくさんいますが、

 

心のバランスを保つことを最優先にしておく必要があります。

 

 

絶対にやりたくないと考えていても、

 

実際に目の前で親が苦しんでいると葛藤を抱えながらも、

 

無理をしながら介護している人がたくさんいます。

 


苦々しい感情を押し殺して介護してしまうと、

 

うつ病になってしまうケースも多いです。

 

 

まだ親が元気なのであれば、

自分が介護をしたくないということをはっきり伝えておき、

 

何かがあった時には公的な保護を受けてほしい

 

という意思を表示しておくこともできます。

 


毒親と感じている親と話し合いを持って

 

解決することができればベストですが、

 

ほとんどの場合良い方向に改善されるということは考えにくいです。

 


諦めながらも自分の気持ちをしっかりと親に伝えることができれば、

心の中でバランスをとることができるかもしれません。

 

f:id:wanshisshin:20170202112122j:plain

 

いずれにしても、

親の介護をしたくないと考えている自分を

 

責めないようにすることが大切です。

 


親からあまり良い扱いを受けなかったということは

 

大きなトラウマになっていますし、

 

心が傷つきやすい状態にあるということを覚えておきましょう。

 


親の介護をすると親と密に接することになりますので、

フラッシュバックなどに苦しむ場合も多いです。

 

 

そうなると介護の途中で虐待をしてしまったり、

 

お互いにとって良い結果になりませんので、

 

介護から逃げるのは完全な悪ではないということを覚えておきましょう。

 


金銭的に余裕があるのであれば、

施設に入ってもらって、

経済的な援助だけするという人もいます。

 


それすらしたくないという気持ちが強いのであれば、

 

やはりあらかじめ親と家族と話し合い、

 

自分の気持ちをはっきり話す必要があります。

 


いろいろと批判的な意見は受けるかもしれませんが、

 

介護は生易しいものではないので、

 

トラウマを作った原因の親を

 

最後まで世話するというのは現実的ではない場合が多いです。

親の介護で民間の保険ってあるの?

親の介護で家計がピンチになることが多いので、

民間の保険が用意されています。

 


大手の保険会社が様々なプランを用意していますが、

それぞれ条件があるので、しっかりと確認しておくことが必要です。

 

 

例えば、ある保険会社のプランでは、

両親が30日以上介護が必要になった際に

 

一時金が支払われるというプランがあります。

 


オプションとして用意されていますが、30万円となっています。

 

 

介護が必要な状態とは、

介護保険の認定を受けて要介護度が3以上になった場合を

指している場合が多いので、

 

かなりお世話が必要な状態になっているという条件です。

 


このような状態になって30万円が支払われるというのは

魅力的とも言えますが、

 

この保険だけを使って介護ができるというわけではありません。

 

 

その他の保険会社のプランでは

 

一時金が100万円に設定されているものの、

待機期間が90日以上という条件が加えられている場合もあります。

 

f:id:wanshisshin:20170201155327j:plain


毎月5万円が受け取れるというプランもありますが、

一時金よりも毎月のプランの方が助かるという利用者の声も多いです。

 

 

親が70歳を超えると介護に関係する

民間の保険に入ることは難しくなりますので、

 

早めに資料請求などをして判断する必要があります。

 


いずれにしても親の貯蓄額や年金額などを考慮して、

どれくらいの保険に入らなければいけないか

 

ということを考えておく必要があります。

 

 

親はいつまでも元気でいるものというイメージが強いですが、

いつ介護が必要な状態になるかわかりません。

 


早めに行動しておくことで、

 

少しでも臨時の出費の負担を軽くすることができるでしょう。

 


しかし、それと同時にある程度の金額を貯金しておくなど、

 

主に介護を任されると予想される子は現実的な備えもしておくべきです。

 

 

民間の保険に頼ることもできますが、

 

あくまでもサポートに過ぎないので、

 

最終的には親の貯蓄や年金、

もしくは自分たちが費用を賄うなどそれなりの出費は覚悟しなければなりません。

 


経済的な部分は家族との揉め事の原因にもなりますので、

将来に向けて話し合いを始めておくことが大切です。

親の介護は兄弟で費用折半できる?

親の介護の費用については、

 

長男だから、長女だから多く出さなければいけない

という決まりはありません。

 


ですから、兄弟の中で納得のいく方法があるなら

費用を折半することは可能です。

 


親の介護に関係する費用を

兄弟仲良く折半することができるのであれば、

 

非常に理想的な関係と言えるでしょう。

 

 

多くの場合は誰が多く出すかということについて

かなり複雑な問題になります。

 

f:id:wanshisshin:20170201154928j:plain

 


特に遺産相続が関係している場合、

最終的には弁護士を立てて話し合わなければならない

兄弟たちもいるくらいです。

 


もしも自分が長男や長女の立場で

費用を負担して当たり前だと考えられているのであれば、

 

折半について他の兄弟たちに相談してみるのが良いでしょう。

 

 

もしかしたら単純に何も考えていなくて、

 

長男だから、長女だから当たり前という認識なのかもしれません。

 


介護にどれくらいの費用がかかっているか

ということを理解していない場合もありますので、

 

率直に話し合うことで問題を解決することができます。

 


具体的な領収書や書類があるのなら、

それを見せながら話すと、

 

話し合いがスムーズにいく可能性が高いです。

 

 

話し合いをする際はなるべく良い雰囲気でできるように、

 

穏やかに話すということを心がけましょう。

 


お互いにそれぞれの家庭もあるでしょうし

支払わなければならない費用が別にもあるはずなので、

 

具体的にどのような費用がかかっているのか、

 

経済状況はどれくらい苦しいのかということを話し合うと良いでしょう。

 

 

同じ家庭で生まれ育ったとしても、

 

考え方や価値感が異なるので、

 

なかなか思い通りに話し合いが進まない場合もありますが、

 

大切な親の介護についてのことなので

 

真剣に向き合って話し合うことができれば最善です。

 


どうしても難しいという場合は、

 

第三者に立ち会ってもらうことが良いのですが、

 

誰を選ぶかということについてもしっかり考えなければなりません。

 


最終的には誰かが大きな負担を負わなければならないのですが、

 

それに対する感謝や援助が出来ていれば

 

介護が原因で兄弟の仲が悪くなってしまうということを避けられます。

兄弟で差別されたのに私が介護しないといけないの?

兄弟で差別されて育つというのは本当に辛いことですね。

 


大人になったとしても、トラウマとして残りますし、

 

なぜ自分ばかりが辛い思いをしなければいけないのだろう

 

という気持ちになります。

 


基本的に介護は誰がしなければならないという決まりはありませんので、

納得がいくまで徹底的に兄弟と話し合う必要があります。

 

 

よくあるケースは末っ子の方がかわいがられて全て優遇されていたのに、

長男や長女が介護を押し付けられるというパターンです。

 


差別されて育ったと感じているのに

最終的には介護までさせられるのかという、

 

やるせない気持ちになってしまうのは理解できます。

 


長男や長女が親の面倒を見なければいけない

という決まりはないのですが、

 

日本の古くからのしきたりでそのような結果になってしまう場合が多いです。

 

 

他の兄弟と話し合い、

どうしても自分が世話をしなければならない

 

という事態になってしまった場合は、

何らかの形で支援してもらえないか交渉しましょう。

 


頻繁に家族会議を開いて、

介護が実際にどれくらい大変なものなのか

ということを理解してもらえるような環境を作るというのが、

 

周りの兄弟たちを教育していくポイントです。

 

 

自分が数日出かける時に代わりに介護してもらうなど、

いろいろな方法で介護を体験してもらいましょう。

 

f:id:wanshisshin:20170201154452j:plain


そうすることで自然と協力するようになってくれる兄弟もいますし、

感謝の言葉やねぎらいの言葉をかけてもらえる回数も増えるでしょう。

 

 

兄弟で差別をされて育ったのに

介護まで主にしなければならないという

 

悩みを経験している人はたくさんいます。

 


周囲にその気持ちを伝えるということも忘れないようにしましょう。

 


自分の中で気持ちを閉じ込めてしまうと、

 

心が病んでしまったり、

周りの兄弟に対しての憎しみが強くなってしまうことがあります。


同じような体験をしている人は周囲に多いですし、

ケアマネージャーやヘルパーを含め、

親身になって話を聞いてくれる人が必ずいるので、

 

周囲の助けを借りながら、

 

ネガティブな感情をコントロールできるようにしましょう。
自分が予想しているよりも自分の味方は多いということを覚えておくことは大切です。

 

もしかして介護ノイローゼになっていませんか?

 

そうなる前にきちんと対策して、

 

あなた自身を救ってあげてください・・無理しないでくださいね。

 

⇒介護ノイローゼの症状チェックはこちら!

 

 

 

 

介護をしても遺産相続は微々たる差だという事実。

基本的に介護しても遺産相続は微々たる差になっています。

 


これは法律で定められていることなので、

ある程度諦めなければいけない問題なのかもしれません。

 


兄弟同士で話し合いをして寄与分を認めてもらえれば、

遺産相続を多くもらうことができますが、

普通の介護を多く担ったからといって

たくさんの遺産を相続できるわけではありません。

 

 

寄与分というのはあくまでも介護のために特別な貢献をした

という定義なので、

 

最終的には遺産相続が他の兄弟と比べて

 

微々たる差という場合も多いのです。

 


介護のために大きな出費が出ている場合は

それを証拠として残しておくと、

 

少し寄与分として認められる金額は多くなるでしょう。

 

 

いずれにしても、介護を積極的にした人と

あまりしていない人との遺産相続の差はあまり大きくありません。

 


お金のために介護しているわけではないのですが、

やはりやりきれない気持ちになってしまうのも理解できます。

 


ですから、介護をしている時から

なるべく他の兄弟たちに手伝ってもらえるように交渉しましょう。

 

f:id:wanshisshin:20170131083215j:plain

 

介護を気持ちよく終えた人たちの話をまとめてみると、

なるべく家族の協力を得られるように努力したので、

 

遺産相続の差がほとんどなかったとしても納得できたという人が多いです。

 


自分がメインで介護しなければいけない

という事実は変わらないかもしれませんが、

 

具合が悪い時には助けてもらうとか、

定期的に旅行に行く時間を作り、

 

その際には代わりに世話をしてもらうなど、

 

こちらから自分の兄弟を介護に巻き込んでいくという作業が必要になります。

 

 

そうすることによってお互いの感謝や敬意を失わずに、

最後までお世話をすることができます。

 


理想論に聞こえるかもしれませんが、

実際にこのような形で親の介護を成功させたい人がたくさんいます。

 


遺産相続の問題は必ず生じるので、

 

それまでの間に自分が将来嫌な思いをしない方法で

 

世話をしていくということが唯一の解決策でしょう。

 


周りの兄弟が全く参加してくれないという場合は、

 

老人ホームの利用なども考え、

 

なるべく不公平だと感じる気持ちを減らすことが大切です。

 

広告